株式会社リプロコンサルタント

リプロコンサルタントのホームページ



コンサルタントは必要か?
改修工事実施を推進する修繕委員会などの担当者は、ほとんどの場合未経験の大規模修繕に直面し、手探りの中で複雑な計画を進めなければなりません。その負担には大きなものがあり、修繕委員会が本来行うべきである役割を業者任せの事務処理に追いやってしまいかねません。
そのような事態に対し、コンサルタントは居住者と修繕委員会のアドバイザーとして、今までの実績に基づいた専門知識と経験から、居住者情報の収集・改修の計画・建築改修の共通仕様書作成および見積書の査定を円滑に進める手助けをしていきます。改修工事は、居住者1人1人が費用を出し合って実施するわけですから、コンサルタントのもっとも重要な仕事はコスト削減に尽力を尽くすことです。
ただし、むやみに品質を落としてのコスト削減は本末転倒ですから、コンサルタントは建設業者からの価格が適切かどうかを、これまでに同じようなマンションを改修・コンサルティングした実績から判断しなければなりません。
また、当該の改修工事だけでなく、将来の修繕委員会・管理組合の方々が参考にできる対策を作成します。

改修工事にあたって建物の調査診断をすると、どのようなメリットがあるのか?
もしも改修工事が建物の見栄えをよくするだけで、外壁内部の目に見えない下地の処理を十分にしなかったら、その後老朽化が著しく進行し、短期間で再工事を迫られるということになりかねません。
大切なことは、建物の調査診断によってその状況をしっかりと把握したうえで、適切な施工仕様を立案することです。
例えば、外壁仕上げ材の密着が弱いのに、その上にどんなに防水性のよい塗料を使用しても改修の効果がありません。それを判断するためには、引っ張り試験による密着強度の調査診断が必要になります。
また当該の改修工事だけでなく、今後の長期修繕計画や資金計画など、将来修繕委員会・管理組合の方々が参考になる対策を作成します。